ものづくり

ものづくり

工場の生産性改善の目的:人件費削減だけじゃない!会社全体の組織能力向上のため

「工場の生産性を改善」工場を経営する人で、この言葉を経営方針などに入れない経営者はほとんどいいないかと思います。製造の現場改善を行えば、人件費だけでなく、販売も伸び、資金も増え、最終的には会社全体の組織能力の向上につながり、会社の業績全体が良くなります。
ものづくり

【基本】製造現場の人生産性改善を測る指標

海外の現場で、若い人が意外に生産性を測る指標の考え方を教えてもらっていないことに気づいて、一から説明することがよくあります。この記事を是非参考にしていただき、現場の若手を教育してあげてください
コンセプチュアルスキル

なぜ勉強するの?子供に聞かれたときの答えが仕事の成果を上げることに役立つ話

「なんで勉強するのか?」と聞かれたら、子供にどのように説明するか考えたことありませんか?「勉強は、知的活動のアウトプット(成果)を最大化するため、インプットを増やし、そのインプットを使ったワークのレベルをあげる訓練」と答えています。
コンセプチュアルスキル

現場力強化は難しい:現場力強化には全員活動が必要

企業もしくは事業の競争力を決める要素として「戦略」「リーダー」「現場力」の3つと考えています。戦略を実行する「現場力」が弱いため、戦略を実行できない会社もあるのではないでしょうか。現場力を向上させる難しさとその品質をあげる方法を考えてみたいと思います
コンセプチュアルスキル

企業の”成長よりも収益化優先”の考え方は成り立つのか?やっぱり”付加価値生み出し成長する”これが本質

2021年度税種が増えたと国は喜んでいます。これは企業が”売り上げの成長より収益化優先”の結果と考えています。しかし、この考え方本当に正しいのでしょうか?少し考えてみたいと思います。
コンセプチュアルスキル

「課題」言葉の定義を共有、それから、正しい課題設定で会社の競争力を高めよう

事業を成長させたり、競争力を強化するとき「課題」を設定し、その解決に取り組みます。課題には二つの意味があり、一つは単に「問題」もう一つは「問題を解決するための活動」。活動が事業の成長・競争力強化につなげるためには「問題解決する活動」を行いましょう。
工場

バラツキの重要性を工程検査の基準を理解して学ぼう

入力のバラツキ、出力のバラツキ、寸法のバラツキ、組み立てのバラツキ。ものづくりにはバラツキいっぱいです。工程の検査基準の決め方、設定の仕方を学ぶことでバラツキに関する理解が少し進むかもしれません。
ものづくりの話

日本復活のカギは多様性を受け入れ新しい発想で革新を生み出すこと(民族編)

閉塞感たっぷりの日本。すっかり凡庸な先進国になってしまった日本。脱却するには多様性を受け入れ新しい発想で革新を起こすこと
コンセプチュアルスキル

事業の成長を目指すための適切な課題設定ができていますか

現場の組織能力を高め、事業の成長を目指すためには、課題を設定し業務を改善することが必要です。現場は日々のオペレーションに追われて、成長に向けた「設定型」課題するのが難しい場合があります。それを防ぐためには経営トップの方針と適切な目標(KPI)必要です
工場

生産管理ボードで見える化した情報を活かせてますか

「生産の状況が予定通り行われているか?」を常に見える化し管理すことは工場経営の上で最も大切ことの一つです。そのために「生産管理ボード」が使われます。ボードに記入、入力することが目的になり、形骸化している場合もあるようです
タイトルとURLをコピーしました