コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキル

チャレンジには失敗は付きもの:失敗を歓迎しよう

組織力を強化するために「課題(英語でChallengeと呼んでいます)」を設定し、活動することをお勧めています。しかし、チャレンジを奨励しても失敗に寛容でなければ、チャレンジする雰囲気は出てこないです。失敗に寛容になり、チャレンジしやすい環境を作りたいですね。
コンセプチュアルスキル

工場を「感謝の気持ち」と「笑顔」で歩いてみよう

会社の責任者が工場の現場を見るとき、「笑顔で挨拶する」「感謝と共に接する」この二つを意識すると、工場の雰囲気が変わってきます。コミュニケーションが良くなり情報が共有されます。情報が共有されると工場の改善活動が進み始めます。
コンセプチュアルスキル

PDCAを正しく使えていますか?

組織力を強化するに課題を設定し、その課題を解決するためにPDCAは有効は方法です。しかし、PDCAなんとなく使って、活動のフォローできていない場合があります。その事例を見ながら、正しく使い方を理解して、レベルの高い活動につなげていただきたいと思います。
コンセプチュアルスキル

「課題」を「チャレンジ」という言葉に変え、現場の成長を感じるようになりました

会社の現場力を上げるために「課題」を設定しPDCAを廻すことに取り組んでいます。この活動を行うとき、「課題」の意味のの食い違いでなかなか意図を理解してもらえないことがあります。このとき「課題」を「チャレンジ」と言う言葉に変えることで従業員の理解が大きく進みます。
コンセプチュアルスキル

なぜ勉強するの?子供に聞かれたときの答えが仕事の成果を上げることに役立つ話

「なんで勉強するのか?」と聞かれたら、子供にどのように説明するか考えたことありませんか?「勉強は、知的活動のアウトプット(成果)を最大化するため、インプットを増やし、そのインプットを使ったワークのレベルをあげる訓練」と答えています。
コンセプチュアルスキル

現場力強化は難しい:現場力強化には全員活動が必要

企業もしくは事業の競争力を決める要素は「戦略」「リーダー」「現場力」の3つと考えています。戦略を実行する「現場力」が弱いため、戦略を実行できない会社もあるのではないでしょうか。現場力を向上させる難しさとその品質をあげる方法を考えてみたいと思います
コンセプチュアルスキル

企業の”成長よりも収益化優先”の考え方は成り立つのか?やっぱり”付加価値生み出し成長する”これが本質

2021年度税収が増えたと国は喜んでいます。これは企業が”売り上げの成長より収益化優先”の結果と考えています。しかし、この考え方本当に正しいのでしょうか?少し考えてみたいと思います。
コンセプチュアルスキル

「課題」言葉の定義を共有、それから、正しい課題設定で会社の競争力を高めよう

事業を成長させたり、競争力を強化するとき「課題」を設定し、その解決に取り組みます。課題には二つの意味があり、一つは単に「問題」もう一つは「問題を解決するための活動」。活動が事業の成長・競争力強化につなげるためには「問題解決する活動」を行いましょう。
コンセプチュアルスキル

事業の成長を目指すための適切な課題設定ができていますか

現場の組織能力を高め、事業の成長を目指すためには、課題を設定し業務を改善することが必要です。現場は日々のオペレーションに追われて、成長に向けた「設定型」課題するのが難しい場合があります。それを防ぐためには経営トップの方針と適切な目標(KPI)必要です
コンセプチュアルスキル

PDCAを廻して課題解決:標準作業(SCDA)との違いを理解して会社を成長させよう

組織能力をあげるには、成長のためのに課題を設定しPDCAを廻し標準のベルを上げることが有効と考えています。課題を解決するとき、PDCAを行い管理する必要があります。PDCA重要性と考え方をSDCAと比較して説明します
タイトルとURLをコピーしました