異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーション

多様性を受け入れるための方法

多様性について考えてきました。その重要性をわかっていながら実践できません。今回は、多様性を受け入れるための方法について考えてみます。
異文化コミュニケーション

多様性を受け入れる効果:INPUTの拡大とWORKのレベルが上がる

多様性について考えてきました。多様性を受け入れる効果はINPUTの拡大とWORKのレベルを上げることと言えます。
異文化コミュニケーション

ジェンダーや民族だけでなく、幅広く多様性を受け入れることを考えてみましょう

多様性を受け入れることが日本再成長のために必要な一つと考えています。ジェンダーや民族だけでなく、いろんな多様性があります。しかしそれらを受け入れることを難しくする人としての特徴とその対応についても考えてみましょう
異文化コミュニケーション

海外現地法人で離職が多いことについて考える

海外で仕事をしていると、日本人出向者から「ローカルはすぐ辞めて困る。全然育成ができん」との嘆きがよく聞こえます。それは社員側の理由だけでなくマネジメントの問題も大きいです。「この会社で学ぶことがない」「仕事のやりがいがない」と感じたらローカル社員は辞めていいきます。
ものづくりの話

日本復活のカギは多様性を受け入れ新しい発想で革新を生み出すこと(民族編)

閉塞感たっぷりの日本。すっかり凡庸な先進国になってしまった日本。脱却するには多様性を受け入れ新しい発想で革新を起こすこと
ものづくりの話

日本復活のカギは多様性を受け入れ新しい発想で革新を生み出すこと(女性編)

閉塞感たっぷりの今の日本。脱却するには多様性を受け入れ新しい発想を生み出す これができない日本人、なぜかを考えた。まずは女性編
異文化コミュニケーション

マネジメントの現地化について考える

海外子会社のマネジメントをする方法は、 ・トコトン日本人がマネジメントする ・トコトン育成した後ローカルがマネジメントする このどちらかです しかし「トコトン」をせずに中途半端に終わっていること多いように思えます
異文化コミュニケーション

現地の人々の「考え方・特徴≒文化」を理解して仕事をしよう

タイの工場で9年働いています。タイの人の考え方や特徴を理解していないために多くの失敗をしてきました 日本人と同じと思わず、特徴を知って話をしなければ、自分の考えが通じません
タイトルとURLをコピーしました