ものづくりの話

ものづくりの話

【工場の閉鎖で感じたこと(4)】工場閉鎖が決まった時の心境

海外赴任先の海外連結子会社を閉鎖した経験があります。その時の経験を備忘的に書き留めています。第4回目、工場の閉鎖が決まるまでの様子と心境についてです。
ものづくりの話

【工場の閉鎖で感じたこと(3)】強制的に退職させられる従業員たちへの対応

海外赴任先の海外連結子会社を閉鎖した経験があります。その時の経験を備忘的に書き留めています。第3回目、従業員に退職時の対応についてです。
ものづくりの話

【工場閉鎖】工場閉鎖で感じたこと(2)組合委員長の驚きの要求

海外赴任先の海外連結子会社の工場を閉鎖した経験があります。その時の経験を備忘的に書き留めています。第2回目、労働組合の委員長の驚きの要求について書いてみたいと思います
ものづくりの話

【工場経営者へ】工場閉鎖で感じたこと(1)閉鎖までの流れ

海外赴任先の海外連結子会社の工場を閉鎖した経験があります。その経験について書き残そうと、閉鎖作業の中で感じたことを何回かに分けて書きづづってみたいと思います。第1回は閉鎖までの全体の流れです。
コンセプチュアルスキル

チャレンジには失敗は付きもの:失敗を歓迎しよう

組織力を強化するために「課題(英語でChallengeと呼んでいます)」を設定し、活動することをお勧めています。しかし、チャレンジを奨励しても失敗に寛容でなければ、チャレンジする雰囲気は出てこないです。失敗に寛容になり、チャレンジしやすい環境を作りたいですね。
ものづくりの話

ものづくり現場における改善文化の醸成:現場目線の「目指す姿」の共有と問題に対する部門連携した処置・対応から

組織力を強化するために「課題(英語でChallenge)」を設定しようとしても、現場の人たちにいきなり理解してもらえないこと多いです。組織にとって身近な達成目標を設定し、達成ための問題に対応、処置を連携して実行できる組織作りから始めてみましょう
ものづくりの話

生産性を向上させる活動より優先すること:出荷計画通りに出荷する

生産性を高めるために工程を改善することは、人件費の削減だけでなく、品質の良化、在庫の削減等工場全体の能力を高める効果があります。しかしながら、生産性を追いかける前に、改善するべきことがあります。需要に連動した出荷計画通りにお客様に商品を届けることです
コンセプチュアルスキル

工場を「感謝の気持ち」と「笑顔」で歩いてみよう

会社の責任者が工場の現場を見るとき、「笑顔で挨拶する」「感謝と共に接する」この二つを意識すると、工場の雰囲気が変わってきます。コミュニケーションが良くなり情報が共有されます。情報が共有されると工場の改善活動が進み始めます。
ものづくりの話

現場力の向上のための週次GMミーティング=狙いは改善し続ける文化の醸成

事業の競争力を高めるには、「戦略」「リーダーシップ」「現場力=オペレーション」の3つの要素が重要です。この内、現場力を高めるため、GM(部長 General Manager)との週次のショートミーティングを紹介します。
ものづくりの話

現場の確認は笑顔と感謝の気持ちで

いる事実を知るのは少し工夫が必要です。現場で起きている本当のことを知るには「笑顔」と「感謝の気持ち」はかなり有効な方法です
タイトルとURLをコピーしました